トップ

アンチエイジングと食生活

老化の原因のGI値とは

糖化を防止してアンチエイジング

アンチエイジングを考えるとき、多くの人は、アンチエイジング化粧品に着目します。もちろん、これも大変有用な方法です。しかしそれ以外にも、「食べ物」に注目し、体の内側からアプローチする方法があることをご存じでしょうか?

<酸化と糖化>

アンチエイジングを考える上で必ず出てくるのは、「酸化」という言葉です。これは、体のなかで生じた活性酵素が原因となり体を酸化させるものであり、肌の老化や健康を害する大変厄介なものです。

「糖化」という言葉は、酸化ほどメジャーな言葉ではありません。しかしこれも、とても厄介なことです。GI値が高い食べ物を摂取していると、それがタンパク質と結びつき、「AGE」という物質を生み出します。これは老化を押し進めるものであり、アンチエイジングの大敵です。

<炭水化物や甘いものによく含まれるもの>

糖化は必ずしも肌の老化だけをもたらすわけではありません。血糖値とも密接な関係にあり、糖尿病の危険性、ひいてはそれによって引き起こされる動脈硬化などにもつながります。このため、糖化を防止することは、「美容」と「健康」、両方において非常に重要なのです。

糖化を押し進める食材としては、ジャガイモなどのような炭水化物、甘い菓子類などがあげられます。もっとも、これらは、「絶対に食べてはいけないもの」というわけではありません。

行き過ぎた糖質制限は、脳で消費する栄養素の不足を招き、頭の働きが悪くなるなどの弊害をもたらす可能性がありますし、「○○を食べてはいけない」「○○だけを食べていればいい」という偏った食事制限は逆に心身の健康を害します。

特定の食べ物を極めて多くとっている、という人の場合は、それを改める必要があるでしょう。