トップ / 食習慣を見直すと肌は変わる

アンチエイジングと食生活

食習慣を見直すと肌は変わる

毎日の食生活が美肌を作る

「食生活」と「健康」は、非常に深く結びついています。そして、「健康によい食事」というのは、多くの場合、「美容によい食事」ということにもなります。食生活を見直すことは、健康と美容に寄与し、老化を遅らせることにつながるのです。

<毎日の食生活が美肌を作る>

食生活は、「今日見直したから、明日から肌の状態がよくなる」というものではありません。しかし毎日正しい食生活を送ることで、美肌に導くことができます。

食事の在り方を考えるうえで大切なのは、まず、「食材」にこだわることです。野菜を多くとり、カロリーはほどほどに抑え、抗酸化作用の期待できる食材を積極的にとるようにしましょう。

また、好き嫌いなく、なんでもバランスよく食べることも欠かせません。油の摂取も重要です。オリーブオイルやエゴマ油がおすすめです。

<「食べ方」を考える>

さらに、「よく噛んで食べること」は、老化防止に有効です。口の筋肉を鍛えることになりますし、唾液がよく分泌されることで口内を良好な状態で保つことが可能です。また、歯の健康にも寄与します。「20回噛んで食べるように」と子どものころに言われた、という人も多いかと思いますが、これは、美容を保つためにも有効なのです。

ただ、柔らかいパンなどですと、20回噛むうちに形がなくなってしまいますよね。そのため、パンを選ぶなら、バケットなどの固いものを選ぶようにするとよいでしょう。

また、眠る2時間前には食事をとり終えるようにします。おなかのなかに食べ物が残ったまま寝てしまうと消化に良くないですし、ダイエットにもよくありません。

3食を規則正しい時間帯に食べることで、体は、「この時間になったらちゃんと栄養が送られてくるのだな」と思うようになり、不必要にカロリーをため込むこともなくなります。

アンチエイジングに気をかけた食生活をぜひ始めてみてください。